人気ブログランキング |

増殖中




今時のみなさまは食洗機なのでしょうが

私は、乾燥するだけの食器乾燥機。

以前、使っていたのは

こんな感じのもの。



d0175401_21161408.jpg




初代が壊れたあと

2代目も同じものを購入。

私は雑な女なので

水の受け皿を頭でかちわり




d0175401_21185871.jpg




シンクに垂れ流し状態で使っていた。




d0175401_21193606.jpg




そんな雑な女は

食器の入れ方も雑で

ぎりぎり崩れないように入れるのだが




d0175401_21201212.jpg



こーゆーことが度々。




d0175401_21211322.jpg




コップもよく落としてわったが

コーヒーサーバーも多かった。

2代目の食器乾燥機が壊れた後

ついでにシンクを新しくし

3代目はこんなお洒落なものになった。




d0175401_21250761.jpg



ボタンを押すと

このように降りてくるのである。




d0175401_21254007.jpg




が、やはり





d0175401_21260834.jpg





あいかわらず





d0175401_21262190.jpg




このように 

よくわるので高いものは買わない。

ご存知だろうが

コーヒーサーバーというものは

買うとフタもついている。





d0175401_21273463.jpg





なのでわが家には

本体がなく、さまようフタが





d0175401_21281839.jpg




増殖中なのである。












by enigma85 | 2019-05-28 21:30 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(6)

王国の亡国





ハオチンと映画「キングダム」を観にいった。

原作は大人気のマンガである。

一行で説明すると

のちに秦の始皇帝になる青年の話。




d0175401_10361014.jpg



原作マンガは読んだことがないので

実写版がマンガキャラのイメージと合っているか

ダメにしているかはわかりませぬが

長澤まさみちゃんの脚はとてもきれいで

吉沢涼くんは美しく

大沢たかおさんはいい味をだしておりました。




d0175401_10412176.jpg




館内はすいていたのに

私たちのすぐ後ろの席には

声からして小学校高学年か中学1年生くらいの

男女が4、5人ほど座っていた。

その子たちが ひじょーにうるさい!




d0175401_10435237.jpg



残虐シーンで昭和のような会話に

途中でジュースを買いにいくヤツ。




d0175401_10443884.jpg




なんとしてもジュースをきれいに飲みきりたいヤツに

ジュースのふたとストローを鳴らすヤツ。

ポップコーンをかき混ぜながら食らうヤツ。





d0175401_10461266.jpg




最後のポップコーンを

つづみのように底を叩いて食べるヤツ。

「キングダム」を観にきたのに

気分は「亡国」ですわ。






d0175401_10475764.jpg




原作がマンガだから来たのだろうが

春秋戦国時代のことをわかって

きているのですかねぇ?

物語が終わりに近づき

反乱を起こして王の座をのっとった弟から

王座を取り戻した政(のちの秦の始皇帝)に

将軍大沢たかおが問う




d0175401_10561784.jpg




わかってるか?

うるさい子供ども!

すると・・・




d0175401_10571016.jpg




そして遅れて政が





d0175401_10573895.jpg




もしかして

マンガのおかげで

私より歴史に詳しかったりして・・・

失礼いたしました。





by enigma85 | 2019-05-25 11:02 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(4)

バック走ロージン






後期大高齢者のジイが

ロージン会で前期高齢者たちに

こう言われたそうだ。




d0175401_17440872.jpg





最近のロージンの事故を考えると

返納するべきなのだろうが

農家ロージンには返納は痛手である。

ジイは普段これだけの「汚シリーズ」を乗りこなす

スーパーじじいなのだから。




d0175401_17450355.jpg




このほかに

マルチシートという

雑草、肥料流れ、水分蒸発対策などのための

黒いビニールシートを張る機械を使いこなす。

これはバック走行で進む。




d0175401_17543938.jpg



私にはブログになるネタを集めてくるシモベがいる。

そのひとりinが

これに関するネタを仕入れてきた。





d0175401_17570114.jpg




ジイがこの機械を車庫から前進で出そうとしたときのこと。






d0175401_18003733.jpg




耕運機に「R」というバックギアが3速と

前進ギアが4速ついているのだが

このように交互になっており






d0175401_18035522.jpg



ジイが前進のつもりで入れたギアが

バックギアだったため

バックしてきた耕運機に倒された。





d0175401_18193560.jpg


このままでは体の上を耕運機が乗る!

とっさにジイ

緊急停止レバーを下げ

耕運機は止まった。




d0175401_18210491.jpg




危ない危ない

マルチシートに覆われたジイになるところであった。





d0175401_18213950.jpg






これから

こんなことが増えていくジイなんでしょうなあ。




by enigma85 | 2019-05-21 18:24 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(2)

宮城の旅10「最終話」




自宅に帰るのには

行きに通った「東北道」か

震災後、一部通行止めになっていて

2016年に全線開通した「常磐道」か。

どっちで帰る?






d0175401_19302025.jpg




「常磐道」になった。

東日本大震災で宮城はずいぶん復興していたが

放射能の被害にあった福島の今はどうなったのだろう。

知り合いが東日本にはいないので

自分の中では風化しつつある。

常磐道を走ると、ところどころに

今も放射線量測定器が。




d0175401_19344103.jpg




あの日

日本はどのくらい月日が経てば戻るのだろうと

毎日不安に思った。

そんな気持ちは

いつのまにか

すっかりなくなってしまっていた。

これを見て「ああ、まだ続いていた。終わってなどいない!」と思った。

常磐道を降りて国道6号線へ。

あの日以降

よく耳にした「浪江」の文字が。





d0175401_19391410.jpg





しばらく行くと

除染土の入った、恐ろしくたくさんの黒い袋を

隠すかのように「相馬野馬追」の絵が描かれた壁。





d0175401_19414937.jpg




そしてバイクの通行不可地区へ。

放射性粉塵を吸い込まないようにらしいですな。

この地区のお店や民家は廃墟に。



d0175401_19463236.jpg



やっているのか?と思う店は

工事関係の会社が入り

結婚式場に○○工業とか

子供服のお店なのに○○建設などと看板がついていた。




d0175401_19485052.jpg




遠くに見えるクレーンがあるのは

「福島第一原発」のようである。





d0175401_19494073.jpg




東京オリンピックが来年に控えているのに

ここは 「あの日」から今もなお復興中なのである。

バイク立ち入り禁止地区を抜けると

太陽光発電のパネルが

あたり一面に広がる「ソーラー畑」が。

これは いいのか悪いのか私にはわかりませんです。





d0175401_19534254.jpg



常磐道に戻って

いわき市に向かう道で

「環境省 除去土壌等 運搬車」とつけたトラックが

何台も何台もすれ違う。





d0175401_19561113.jpg




目に見えない放射能の被害は

改めて、恐ろしいものだと思ったね。

それから数時間後

スカイツリーが見えてきて東京突入。





d0175401_19580333.jpg




途中のサービスエリアで買った

たくさんの冷凍牛タンと

秋保でかった おはぎが私を襲う。





d0175401_20001061.jpg




これにて1泊2日の宮城の旅


おっしまい

by enigma85 | 2019-05-19 20:09 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(6)




ー2日目ー

ホテルの朝食バイキングを食べたあと




d0175401_20174741.jpg




朝早くからやっている駅ビルのお土産やさんで

冷凍ずんだ餅をたくさんお買い上げ。




d0175401_20191525.jpg




時間通りにホテルを出発できたので

途中で温泉に入っていこうということになった。

向かったのは

「秋保(あきう)温泉」




d0175401_20230608.jpg




日帰り温泉が開くのには

時間がありすぎたので

唯一、早くからやっている「共同浴場」へ。

桜が満開。





d0175401_20250009.jpg





一人300円。






d0175401_20252395.jpg





来る途中の観光案内で「すごく熱いですよ」と

忠告された。

すごく熱かった!

私は熱いお風呂は苦手で

しかもカラスの行水。





d0175401_20270338.jpg




なかなか全身を浴槽に入れられず

浸かったと思ったら

すぐに茹であがってしまった。

15分もいなかったかと…。




d0175401_20280508.jpg


温泉のあとは

来る途中で気になっていた行列の店へ。





d0175401_20290638.jpg




普通のスーパーみたいなんだけど。

開店前から長い列が出来ているのを見かけた。

中に入るとやはり列が

その先には





d0175401_20301865.jpg




こんな おはぎが





d0175401_20305188.jpg





陳列棚に山のように積まれていた。




d0175401_20311292.jpg



「あんこ」の他に「きなこ」「納豆」「ずんだ」

今すぐ食べるようの

小さな「あんこ」「ずんだ」おはぎを購入。



d0175401_20340995.jpg



これ以外に

持ち帰りように

「ずんだ」や「あんこ」を4000円近く買った。





d0175401_20350689.jpg




ここの「おはぎ」の賞味期限は当日まで。

翌日になると堅くなってしまう。

ということで

自宅に帰ってから

大量に買ってしまった「おはぎ地獄」がまっているのであーる。







by enigma85 | 2019-05-15 20:38 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(8)





1泊2日の、この旅で

唯一、ちゃんとした食事が

この日の夕飯。

ブラック・デザイナーが牛タンとギネスがある店を探して予約していた。

店内では合コンらしきグループがおり

とてもにぎやかであった。



d0175401_12510718.jpg




いつも言っているが

私は肉と生魚が食べられない偏食女。





d0175401_12524925.jpg




肉に関しては

幼い頃のトラウマで食べられなくなった。

牛のベロなど

想像しただけで…




d0175401_12535493.jpg




おぞましい。

私が食べたのは

どこでも食べられる「だし巻き卵」やら

「納豆湯葉包み揚げ」など。

つまらない女でしょ。

こんなだから友だちがいないのよね。







d0175401_12550066.jpg




牛タンイーターはまだ続き




d0175401_12581618.jpg





私の想像はピークに。





d0175401_12583828.jpg





牛を通り越して

「妖怪あかなめ」になっちまった。




d0175401_12591388.jpg




店を出ると、金曜の夜とあって

街中には人があふれ

仙台は眠らないのか?と思ったね。






d0175401_13001595.jpg




1日目の夜はネオンとともに更けていった。




by enigma85 | 2019-05-14 13:04 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(4)




松島をあとにし、仙台市内に突入。

仙台の駅前には高いビルがそそり立ち

思っていた仙台とは違っておりましたわ。




d0175401_11135890.jpg



よく「仙台に出張」って言葉を耳にするですけど

この街にはビジネスが盛りだくさんな雰囲気がするです。

ブラック・デザイナーも以前「仙台出張」してたし。

この日、宿泊する駅近のビジネスホテルに車を置き

タクシーに乗り込み目的の地へ。




d0175401_11191776.jpg



向かった先は…

このカフェ。




d0175401_11201127.jpg




以前、某劇団にいたミュージカル女優さんが

結婚して御主人とされているお店。

彼女の舞台は私も観たことがある。

このお店は毎金曜、土曜の18:30と20:00の2回

各30分の生演奏があり

ボーカルは その元ミュージカル女優さん。

お店に入ると

舞台で見ていた、あの女優さんが迎えてくれた。




d0175401_11284579.jpg



彼女って

ポーポーが言っていたが

ブラック・デザイナーも気づいていたが…




d0175401_11295685.jpg



アルミどんに似ている。




d0175401_13083353.jpg


18:30。ピアノ演奏が始まった。




d0175401_13093390.jpg



私は思った。

この感じでいくと

彼女が歌うのはおそらくこのあたりで

そーすると

一番楽しみにしていたブラック・デザイナーからは

斜め後ろ姿しか見られないのではないかと。




d0175401_13112110.jpg




あまり興味がないinとブラック・デザイナーが

席を交換すればいいと思ったら

まさかの満員電車状態になった。




d0175401_13122929.jpg





30分の中で彼女が歌ったのは2曲。

もっと聞きたかったです!

「レ・ミゼラブル」の「夢やぶれて」は最高だな。




d0175401_13144185.jpg





お店のモニターには

海外版の「レ・ミゼラブル」の映像。




d0175401_13153500.jpg




そこにはブラック・デザイナーが大好きな

「ラミン様」が。

ラミン様って

とってもとっても濃いお顔のミュージカルスター。




d0175401_13164886.jpg




帰りに写真を撮らせていただいた。






d0175401_13173386.jpg




この夜

ブラック・デザイナーには

たくさんのコウモリが飛んだのであった。





by enigma85 | 2019-05-11 13:20 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(2)




今回の旅は神社仏閣は行かないというのを

わかっていて一緒に来た神社仏閣男のin。

神社仏閣はいかないにしても

ひとつくらいはメジャーな観光地を

行ってあげないとね。




d0175401_20410809.jpg



ということで

日本三景のひとつ松島へ。





d0175401_20423468.jpg




曇り空なため

島々ははっきり見えないが

ベトナムのハロン湾みたいなところだな。

遊覧船が出ているようで

近くにあった発券所で時間をみると5分後に出発。

これはちょうどいいと思ったら

そこは乗り場ではなく…

はるか向こうに船がいる。




d0175401_20502862.jpg



発券所は4箇所あり

ここは一番遠いところのようで





d0175401_20511147.jpg



5分ではムリだと言われたが




d0175401_20520615.jpg



こう言われて走る気でいたが

5分じゃあ間に合うわけなく断念した。

なので松島にある3つの赤い橋のひとつへ。





d0175401_20545520.jpg


橋板が格子状になっているため

下の海が見える「透かし橋」

この橋は「縁結びの橋」なんですと。





d0175401_20580288.jpg


好きな人と一緒に渡ると

その橋の危なさから手を取り合うのだそうよ。

私みたいに「パンツ見放題」などとは言わないのである。

透かし橋を渡りきると五大堂。

そこから乗ろうと思った遊覧船を見送る。




d0175401_21091088.jpg





次に有料の252メートルの「福浦橋」へ。




d0175401_21055271.jpg




独身者に縁を取り持ってくれるらしいっすよ。





d0175401_21073000.jpg





松島には実にたくさんの大小さまざまな島や奇岩が。

すべてに名前があるのだ。

遊覧船乗りたかったかもー。




d0175401_21110448.jpg





さらっと松島観光はおしまい。





d0175401_21115784.jpg




次はブラック・デザイナーが

ずっと行きたかった仙台の某場所へ。












by enigma85 | 2019-05-08 21:12 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(0)





「石ノ森萬画館」は石巻を流れる旧北上川の

こんな中州にある。

あの日、津波は川をさかのぼり

萬画館は6.5mほどの高さまで津波が押し寄せた。




d0175401_10085263.jpg




この中州がニューヨークのマンハッタン島に

形状が似ていることから

マンハッタンとマンガで「マンガッタン」という

マンガランド構想が持ち上がったそうですよ。





d0175401_10172112.jpg




橋を渡ってマンガッタン島?に上陸。

いざ石ノ森萬画館へ!



d0175401_10252962.jpg


と、その前に

石ノ森先生のブロンズの手にご挨拶。

私の今までの長い人生を一言で報告。

これが私の人生。




d0175401_10280209.jpg





入り口横に

たぶん、ご当地ヒーローが乗る車が展示されていた。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンや

「ナイトライダー」のトランザムが好きな

ブラック・デザイナーからすると

この車は…




d0175401_10305529.jpg



ここでスナップ写真を

入場券売り場で

タイトル「受付嬢と2番手男」



d0175401_10324166.jpg



タイトル「1番手ヒーローと2番手男」





d0175401_10332152.jpg





いよいよ009ゾーンへ





d0175401_10335184.jpg




ファンとしては

もっともっと突っ込んだ展示がみたかったなー。

仮面ライダーゾーンでは

大学でインダストリアルデザインを

専攻していただけあって

歴代の仮面ライダーのエンブレムに興味を示す

ブラック・デザイナー。





d0175401_11162028.jpg




009のプリペイドカードほしさに

仮面ライダーゲームをさせる。




d0175401_11173108.jpg




もう一回できるので

下半身すぼまりのinにもさせるが…

酔っ払いが運転しているようで大笑いであった。





d0175401_11181340.jpg



その後

テレビドラマにもなった「HOTEL」の

ホテルマン適正ゲームを3人がかりでやるも

ホテルマンになれず撃沈。

石ノ森章太郎は昭和を代表する漫画家。

登場人物もしっかり昭和生まれで

サイボーグといえども…

ブラック・デザイナーが展示作品で発見。




d0175401_11235342.jpg


009よ

そなたは令和をどう生きていく?

展示を見終えたあとは

お楽しみのミュージアムグッズ。

買う気満々だったのに

009グッズは仮面ライダーにおされ

買ったのはこれだけ





d0175401_11265021.jpg



昔々の昭和のマンガなのよねー。





by enigma85 | 2019-05-03 11:33 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(0)

宮城の旅4「トラップ」



登米から石巻へ向かう道は

まっすぐまっすぐ続く。

視力が3.0くらいあったら

どこまで見えるんだろう。

我が地方ではありえない道である。




d0175401_19341999.jpg



2時間弱で石巻駅前に到着。





d0175401_19353085.jpg



そうそう

駅舎の上には002

横にはババなしの003




d0175401_19360575.jpg



道路の反対側には

仮面ライダーV3

V3のような下半身すぼまりのinを置いて

パチリ



d0175401_19380923.jpg




交番の壁面には「ロボット刑事」




d0175401_19385155.jpg




このマンガは読んだことない。

ロボット刑事が活躍するらしい。

交番にこれは…



d0175401_19410427.jpg



石ノ森先生によると

このあと映画「ロボコップ」が世に出て

「自分が先だったのに!」とショックを受けたそうだ。

私のアイデアもずいぶんハリウッドに先を越されたものだったな。

さて

駅から「石ノ森萬画館」までの1キロほどの道は

「マンガロード」と呼ばれ

石ノ森作品の登場人物のモニュメントがある。




d0175401_19434009.jpg




しばらく行くと

お目当ての009発見。




d0175401_19442354.jpg



009の前で写真を撮ってもらおうと

腰掛けた瞬間




d0175401_19452681.jpg




植木に水をあげた際にこぼしたか

それとも009女子に対する罠か

座りそうな場所が水浸しなのであった。

パンツまでびっちょりの私は先に進む。

すると、「いいチョイス」と思ったこれ

007のモニュメントが置かれていたのは

「七十七銀行」のまえ

しちじゅうしち銀行っていうらしっすよ。




d0175401_19491390.jpg




その先の交差点には

石巻で最初に建てられた百貨店「旧観慶丸商店」




d0175401_19580290.jpg




目的地が近づくと

こんな標識が。

こんな高さまで水が押し寄せたのです。





d0175401_19523168.jpg





そして津波の水が押し寄せてきた川の

中州にある目的地が見えてきた!





d0175401_19533191.jpg



よくぞ津波に耐えてくださいました。







by enigma85 | 2019-05-01 19:58 | 2019宮城の旅 | Trackback | Comments(2)