車で四国の旅15「親分」



ー4日目ー

高知とはこれでさようなら。

車の中は「鳴門の芋けんぴ」「高知の芋けんぴ」

そして高知生まれの「ミレービスケット」でいっぱい。



d0175401_22034195.jpg



高速道路で香川へ。

途中、国道439が走っている山を見ながら。



d0175401_22044422.jpg




ここでブラック・デザイナーが買ったドリンクを紹介。



d0175401_22053609.jpg



阿波踊り専用エナジードリンク。

朝まで踊ろや!

一緒に踊ろや!

って、阿波踊りはすごいのだ。



香川に入ってまず最初に向かったのは。

今は亡き おかんが好きだったテレビドラマ「銭形平次」で

銭形の親分が投げる寛永通宝。



d0175401_22095811.jpg



その銭「寛永通宝」の砂絵がある場所へ。



d0175401_22102009.jpg




122m×90mの寛永通宝の砂絵。

この日は天気がよく昼近かったからか

陰影があまりなく

文字がわかりにくい。

それでは近くに行ってみよう。



d0175401_22131978.jpg



もっとわからなかった…。

なので、お土産さんのレプリカの前で記念撮影。



d0175401_22144286.jpg



私的にはーーー

ここに穴があいていてほしかったなーと

思うのであった。



d0175401_22153853.jpg






[PR]
by enigma85 | 2017-10-31 22:18 | Trackback | Comments(7)


高知のホテルに向かう前に

私に見せたいものがあるという

ブラック・デザイナー。


d0175401_21005974.jpg


それは、素人が独自に建てた鉄筋コンクリートのマンション。

増築増築で「軍艦島マンション」とか

「日本の九龍城」とか呼ばれているらしいっすよ。

ブラック・デザイナーとアルミどんは数年前にも

車で四国の旅をしており

そのときは持ち主の方に内部を案内してもらったんだって。





d0175401_21034810.jpg



この日の夕飯は

ブラック・デザイナーが数年前に行ってよかったので

そこに行くことになった。

inの好きなお城のライトアップを横目に。



d0175401_21064755.jpg



有名なここ。



d0175401_21071623.jpg



それぞれのお店で注文。

わかりやすく言うとフードコートかな。




d0175401_21090009.jpg



ここで、それぞれの嗜好の紹介をしよう。



d0175401_21102129.jpg


偏食チームが買い出しに走る。



d0175401_21113871.jpg


やっとテーブルについたかと思うと

偏食なしチームがまた注文。



d0175401_21123961.jpg



偏食の私、走ります。



d0175401_21143519.jpg

偏食チーム

この高知で何を食した!?

まったく高知にきた意味のない食事なのでありました。




d0175401_21150314.jpg



ホテルに戻る途中

イベントが終わろうとしている高知公園に立ち寄る。



d0175401_21172132.jpg



ゆるキャラの「かずとよくん」と奥さんの「ちよちゃん」。

夫を支える内助の功を「山之内一豊の妻みたいだ」という。



d0175401_21211736.jpg


それだけ妻の「ちよちゃん」は

夫を愛していたということを表現したいのか

ゆるキャラなのに

すきあらば、いちゃつく。



d0175401_21225291.jpg



うーーー

気持ち悪い。






[PR]
by enigma85 | 2017-10-30 21:25 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(8)



正統派inには気の毒だったが

桂浜を急いで出て

正統派じゃないブラック・デザイナーが目指す地へ。

もう時間が迫っているのに前の車が遅い!



d0175401_16053735.jpg



昨今、問題になっている

悪質ドライバーにならないよう

車内だけで文句を言う。



d0175401_16072102.jpg




5時までに着かないと

台無しになってしまう。

そして2分前に着いた目的のものは

これーー!



d0175401_16084953.jpg



道路がそそり立っているの。

これは可動橋。

この時間は上がっている状態。

以前、跳ね橋は

ポーポーが留学していたシアトルで見たことがある。



d0175401_16103158.jpg


けれどこの可動橋は真っ黒で

まるで鯨のようで不気味なのである。



d0175401_16112073.jpg


この橋は一時間おきに稼動する。


5時が最終可動。



d0175401_16140961.jpg



道になった状態から上がるのを見るより

上がった状態から道になるほうがインパクト大かも。

その様子を見るため見晴らし台に急ぐ。

ブラック・デザイナーは全貌を録画するため

違う場所へ。





d0175401_16144575.jpg



車も通らない静かな海沿いの町で

inが大声でブラック・デザイナーに聞く。

歩道があったら橋を可動する意味がねーーよ

と、町の人々の声が聞こえてきそうであった。



d0175401_16180987.jpg


5時。

サイレンが鳴るでもなく

静かに橋が動き始める。



d0175401_16184658.jpg


至福のときを味わう男。



d0175401_16192368.jpg



橋はゆっくりと


d0175401_16201185.jpg


下りていき道と一体化。




d0175401_16195455.jpg



せっかくなので渡ってみた。




d0175401_16214261.jpg




ブラック・デザイナーには

これが四国なのであーる。







[PR]
by enigma85 | 2017-10-29 16:23 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(4)



酷道、いえ国道439号線をやっと抜け高速道路へ。

そして道の駅でお土産タイム。

お約束の顔はめ看板。

うまくはまらず寄生獣のようになってしまった

龍馬とおりょう。



d0175401_19592882.jpg


ブラック・デザイナーは芋けんぴが大好き。

鳴門でも金時芋けんぴを買ったのに

ここでも枕のようなお徳用芋けんぴを買う。

そーゆー私も芋けんぴが好きなので

車の中は芋けんぴだらけ。

四国は芋けんぴ天国である。





d0175401_20012870.jpg



ここで正統派のinからリクエスト。



d0175401_20025563.jpg




ということで

急遽、桂浜へ。

桂浜へ行くために渡った浦戸大橋がかっこいいの。



d0175401_20052213.jpg



ブラック・デザイナーはどうしても

5時までに行きたい場所があった。

なのでinには気の毒だが

ここに長居はできない。



d0175401_20063612.jpg




正統派のinを納得させるための龍馬像へ急ぐ。



d0175401_20072272.jpg



撮影には向かない逆光。

お、龍馬像の隣になにやら期間限定で

こんなものが建っているじゃないの。



d0175401_20084938.jpg



入場料100円。

工事現場のような階段を行き



d0175401_20092121.jpg



龍馬像と同じ高さに到着。

いい感じだ。




d0175401_20094615.jpg



私がここに上った目的は

これ!



d0175401_20102583.jpg



天空の顔はめ看板ぜよ!

どーこだ。



d0175401_20111363.jpg







[PR]
by enigma85 | 2017-10-27 20:12 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(6)

車で四国の旅11「与作」



徳島を出て次は高知へ。

前日の夕飯の席でブラック・デザイナーが

旅館の人に高知までの道を尋ねた。

お姉さんは来た道を戻って高速に乗るのが良いという。

ブラック・デザイナーには走りたい道があったが

お姉さんは



d0175401_20293480.jpg


そー言われると燃えるブラック・デザイナー。

お勧めでない道に決定。

私は助手席へと昇格。




d0175401_20303810.jpg
ブラック・デザイナーは国道(酷道)や県道(険道)を

好んで行く。

今回の酷道はこれ



d0175401_20335798.jpg



数字の語呂あわせで

こう呼ばれる。



d0175401_20342713.jpg



対向車などいない険しい山道。



d0175401_20351784.jpg



おいおいおい、大丈夫か!




d0175401_20354422.jpg



1時間半ほどこの状態の山道を行き

てっぺんの京柱峠に到着。

徳島と高知の堺。




d0175401_20371140.jpg


私とinは初の高知県。

高知への突入がこれである。





d0175401_20382960.jpg


峠をあとにし、また山道を行く。

途中、崖下に廃車が放置されているのを

何度か見かけた。



d0175401_20405768.jpg


ブラック・デザイナーが言うには

崖に転落してー




d0175401_20411978.jpg



なるほど。

そして、転落しないように気をつけながら

まだまだ山道を行く。

トータル2時間の与作。



d0175401_20434047.jpg



さあ、みなさんも!



d0175401_20440059.jpg





[PR]
by enigma85 | 2017-10-26 20:46 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(6)



かかし村を過ぎると

ここに到着。


d0175401_21263425.jpg



最初のかずら橋と同様の形状をしたつり橋。

男橋と女橋の二本がかかっているので二重橋。

でも、そこを渡るのはあとで。

もっと先に目的のものがあるのダス。



d0175401_21285090.jpg



人力のロープウェイ「野猿」



d0175401_21294848.jpg



「屋形」と呼ばれる籠を人力でたぐり寄せる私。

私、力がありますのよ。

なんでも力任せなので壊すこと多々ありですわ。



d0175401_21315176.jpg



おちゃのこさいさいであるよ。



d0175401_21323528.jpg



怪力女はロープをひく。




d0175401_21332734.jpg



到着したようだ。




d0175401_21334437.jpg




次は私とin。

今度はinにロープを引っ張ってもらい

ゆっくり景色でも見ましょうと…



d0175401_21345167.jpg



座った場所がまずかった!

こっちに座った人がロープを引かないと

前進しないのである。



d0175401_21360813.jpg



ロープをたぐる様子が猿に似ていることから

「野猿」と呼ばれているそうであるよ。






[PR]
by enigma85 | 2017-10-24 21:38 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(4)



どんどん山奥へ進む。

すると、第一村人発見?

!!!!

かかしです。



d0175401_19192520.jpg



ここにも!


d0175401_19195849.jpg


こわーー

ここにも!



d0175401_19201996.jpg


限界集落の「かかし村」

テレビで見たことがあったが

徳島だとは思わなかった。

他にもあるらしいけどね。

村人の数より人形のほうが多いのだと。

夜、通ったら怖いだろねー。

通ってみたいなー。




d0175401_19240029.jpg



inがなにやら農作物を発見して

作っている方に聞いている。



d0175401_19245778.jpg

…人間でした。



集団でいる人形に混ざって写真を撮ってみた。

映画「アザーズ」の使用人になったみたいである。



d0175401_19274491.jpg



合衆国大統領らしき人物の横に

気になるものが。



d0175401_19263571.jpg



陶芸作品の無人販売?



d0175401_19285846.jpg


これなんだろう?

私にはハクション大魔王にしか見えないのだが。



d0175401_19300375.jpg



1個1000円。

買ってみた。



車での私の定位置は

一番後ろの席。

そこのカップホルダーに大魔王はちょうどはまった。



d0175401_19315212.jpg


お遍路さんが弘法大師と一緒に巡礼しているということで

同行二人と笠などに書くそうだ。

こうして後部座席で

自宅に帰るまで大魔王と同行二人になった。







[PR]
by enigma85 | 2017-10-23 19:36 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(8)



ー3日目ー

旅館のおじちゃんが

こんな荷物昇降機で駐車場まで荷物を降ろしてくれた。


d0175401_19350232.jpg
昇降機にカメムシがいたらしく

荷物にくっついたまま次なる目的地へ。


d0175401_19360871.jpg



旅館から間もなくの場所にある

このつり橋。


d0175401_19370083.jpg


御存知、「かずら橋」。

入り口に顔はめパネルがあったので…



d0175401_19380290.jpg


橋を渡るのに500円。

ま、維持するのもたいへんだものね。

山道を少し降りていくと、かずら橋。



d0175401_19392767.jpg



足元はこんな。


d0175401_19395035.jpg


そーいえば、この地方は

「こなきじじい」の発祥地なんですってよ。


d0175401_19404955.jpg


うしろにいない?



d0175401_19410792.jpg


かずら橋のあと

もっと奥のつり橋へ車で向かう。

山道に突然、ガソリンスタンド。

街中に行くまでもつかわからなかったので

助かったーー。

ここで給油しなくては。


d0175401_19431355.jpg


値段が表示されていないし

現金払いのみ。

レシートをみてびっくり

わが町に比べて1リットルにつき10円ほど高い。

地方は高いというが…。



d0175401_19453397.jpg


ぶーぶー言ったものの

このあと街中でみかけたスタンドの

どこよりも、ここが安かったのである。


d0175401_19463721.jpg


スタンドのおばちゃんを疑って

ほんと、申し訳ねーです。






[PR]
by enigma85 | 2017-10-22 19:48 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(8)

 

夕飯の時間を30分遅らせてもらい 

旅館に向かってひたすら山道を行く。

時々、小さな集落があるけど

買い物とかどうしてるんでしょうね?



d0175401_10280661.jpg



渓谷の脇の国道を走る。

どんどん山奥に

日が暮れる前に着きたいけど…



d0175401_10290243.jpg



旅館に着いたときには

とっぷりと日が暮れていた。



d0175401_10293209.jpg



夕飯まで30分あるので

急いでお風呂へ。



d0175401_10300783.jpg



ぎりぎりセーフで夕飯。



d0175401_10302840.jpg


さあ、ここから偏食の3人による

偏食合戦。




d0175401_10305983.jpg



いつも思う。

浴衣は苦手だ。

おパンツが見えないように

気ばかりつかう。



d0175401_10320161.jpg



ふと、ブラック・デザイナーがいないことに気づく。

庭で星を鑑賞していた。

こんなふうに。



d0175401_10330223.jpg




辺りは山ばかりなので

星が良く見える。

と、流れ星!

こんなにはっきり見えた流れ星は

私の中では初めてかも




d0175401_10344302.jpg



d0175401_10350725.jpg



流れ星が消えるまでの間に

願い事を思えば叶うとか?

願い事は「あっ」であった。

こうして2日目の夜は更けていったのであーる。





[PR]
by enigma85 | 2017-10-21 10:39 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(6)



ひじょーに時間が足りなかった大塚国際美術館。

自分にこんなタオルハンカチを買った。

宇宙人のグレイみたいだけど…。



d0175401_12541299.jpg


あとから美術館のフロアーガイドをみて

ピカソの「ゲルニカ」もあったのか!

マドリッドで見たことあったけど

見たかったな~。

この美術館、また来なくてはと思ったダス。



d0175401_12555671.jpg


荷物に囲まれ

どのくらいウトウトとしたのでしょう。



d0175401_13142773.jpg



次なる目的地に到着。

ブラック・デザイナーが以前訪れたが

定休日で入れなかった喫茶店。

じゃじゃーーん。



d0175401_12580206.jpg



個人がレンガから焼き上げ

数十年かけて造られた建物。

おどろおどろしてていいねーー。



d0175401_13002984.jpg


では、中に入るです。




d0175401_13005487.jpg



ほほーーう。




d0175401_13010931.jpg




店内は古きよき時代の喫茶店って感じ。



d0175401_13014858.jpg



この日は季節はずれの暑さで

喉がかわいていたのと

時間がないのと

プントくがご機嫌斜めなのもあって

いっきにクリームソーダーを飲み干し

店をあとにする。



d0175401_13042684.jpg


2日目の観光はこれでおしまい。

あとは宿泊先の旅館の食事に間に合うように

車を飛ばす。

途中、立ち寄ったサービスエリアに

お約束の顔はめパネルが。

入れてみた。



d0175401_13071253.jpg



このあとも、ずーーと

私に付き合わされるプントくんなのであーる。



d0175401_13080195.jpg





[PR]
by enigma85 | 2017-10-19 13:09 | 2017車で四国の旅 | Trackback | Comments(4)