湧き出る忘年会


ジイ85歳はすごい。

一年のうち半年は新年会。

残りの半年は忘年会である。

今年もまた湧き出るような忘年会を

すべてこなしているのであーる。

d0175401_946675.jpg


忘年会で「あははおほほ」しているジイを

除いたメンバーで食事に行ったときのこと。

その帰り道。

d0175401_9475719.jpg


アルミどんが道路の隅に

動く黒い箱を発見。

d0175401_9483766.jpg


そう、でかすぎるコートに着られているジイである。

d0175401_9491412.jpg


ロージン会の忘年会の帰りである。

二次会にも参加したらしく

出来上がっていた。

d0175401_950879.jpg


家までもうすぐの場所であったが

置いていくのは薄情なので

車に詰め込んだ。

d0175401_9511454.jpg


inがすごく気にしていたのは

ジイが持っていた

ロージン会からお土産で出た

卵とロールケーキ。

d0175401_9525455.jpg


酔っ払いにこんなもの持たせたらいかん。

なんで卵とザキヤマのロールケーキなのかねぇ??

ジイの忘年会はまだ湧き出るのであーる。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-30 09:56 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(0)

戻ってこい!

仲良しの

ある人物が…

d0175401_1521412.jpg


来年もまた

一緒に海外旅行へ行く予定の

ある人物が…

d0175401_1523467.jpg


私の前から

一生いなくなるところであった。

d0175401_15242135.jpg


私の残りの人生に

この人物の存在がなく

思い出しか残らなくなるのかも

と、思ったら涙が止まらなかった。

d0175401_15262544.jpg


今は回復に向かっているそうで

一安心。

私のブログをいつも楽しみにしていてくれた。

なので、戻ってきてから

ため読みしてもらうためのブログを

書き続けるのであーる。

d0175401_15294779.jpg


早く戻ってこい!




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-28 15:32 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(0)


膏薬図子を出たところの大通りで

おっちゃんに言われたとおりに

207番のバスに乗ると

d0175401_1323015.jpg


裏から

西本願寺と興正寺にはさまれた北小路通りを行く。

d0175401_13254255.jpg


この小道、好きだわー。

江戸時代にいるみたいなのよ。

寺院の壁に挟まれているだけなんだけどね。

あの人が駆け足で通り過ぎていくようなーー。

d0175401_1327494.jpg


浄土宗総本山「西本願寺」

横に長い寺院である。

d0175401_13292029.jpg


回廊がものすごく長く続く。

柱もやたら多く、私好みよ。

今回の旅行の最後を締めくくるのは

西本願寺じゃなかったけど

いいお寺だった。

d0175401_13302672.jpg


締めくくるのは

西本願寺の正面の門から見えているよ。

ほらー。

d0175401_13324525.jpg


ここー!

伝道院

明治28年設立の真宗信徒のための

生命保険会社の社屋だったところ。

かっこいいねー!

d0175401_13350100.jpg


ずーと神社仏閣を見てきたので

すごく新鮮である。

それに

まるで電線で封印されているかのようで

不気味でいい。

こーゆーのが好きなのよ。

d0175401_13364717.jpg


建物の周りにはガーゴイル。

d0175401_13371142.jpg


旅のいい締めくくりとなったであーる。


そのあと京都駅へ向かい

ホームの待合室で新幹線を待っていると

見知らぬおばちゃんが話しかけてきた。

ハオチン曰く「kimmyさんは話しかけられやすい。」

んーー。

話しかけにくそうな見た目の私なんすけどね。

d0175401_13404044.jpg


同級会があるそうで

うれしくて2時間前から友達を

ホームで待っているそうだ。

d0175401_13414543.jpg


あとで気がついたのだが

入場券で入った場合

切符を買ってから2時間以内に出ないと

割増料金らしいすよ、おばちゃん!

d0175401_1343019.jpg


こうして

inはいつもの高級牛めしを

私は穴子一本寿司を食べながら

一泊二日の秋の京都旅を終えたのであーる。


おっしまい



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-25 13:47 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(2)


京都の小道。

通り抜けできる小道を「図子」。

袋小路の小道を「路地」と区別して呼ぶそうだ。

地元人には常識なのだそうよ。

d0175401_16575764.jpg


私が行きたいのは

「膏薬図子‐こうやくのずし‐」

ここには空也上人が将門のさらし首を

弔うために建てた厨子があるのであーる。

d0175401_1704455.jpg


なぜに「膏薬」なる名前が付いているかというと

d0175401_171266.jpg


というふうに訛っていったわけらしっすよ。

新京極を出たあたりで

どー行くべきか考えていると

d0175401_1732762.jpg


またもや親切な地元人。

そこで聞いてみた。

d0175401_1741445.jpg


たまげた…。

d0175401_1743451.jpg


地元人は「図子」って知っているんじゃないっすかあ?

d0175401_1753017.jpg


スリッパ飛ばしに次ぎ

笑いがこみ上げてくる。

d0175401_1761793.jpg


おじちゃんがわざわざ戻ってきて…

とどめである!

d0175401_177317.jpg


おじちゃんに

「もったいないから地下鉄に乗るな」と言われ

テクテクと歩き膏薬図子に到着。

いい感じの小道であーる。

以前、銅版画をやめたあと

この小道にある木版画店の通信講座を

受けようかと迷ったのよねー。

d0175401_17122341.jpg


まもなく将門を祀っている

「京都神田明神」発見。

東京の神田明神級と思ったらいかんよ。

民家の中に鳥居と小さな祠があるだけ。

d0175401_17143070.jpg


その店構え、ちがったその神社は

まるであの おじちゃんが言った

d0175401_1715562.jpg


みたいであった。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-23 17:19 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(0)

六道之辻からテクテクテクと歩いて

祇園へ。

inが好きそうなお寺があったので寄ってみた。

私はもうごちそうさまーだけどね。

d0175401_223342.jpg


俵屋宗達の「風神雷神」のレプリカの前で

自分の作品をバックに巨匠ぶる画家の

真似をしてみた。

ウィスキーのCMぽいでしょ。

d0175401_2263744.jpg


法堂の天井画「双龍図」が公開されていたので

そこへ向かう。

スリッパに履き替え廊下を行くのであるが

そのスリッパが使い古されてペロンペロン。

なのですっ飛んじゃうのよねー。

d0175401_22103256.jpg


そしたら、前のおばちゃんも

d0175401_22104957.jpg


おばちゃんったら

何を言うかと思ったら

d0175401_2211192.jpg


ホントによく飛ぶスリッパである。

d0175401_22122493.jpg


「双龍図」すごいんだけど

見慣れてきて

驚きがなくなってきちゃったのよねー。

そこで写真で遊んでみた。

d0175401_2214359.jpg


「龍を捕まえるの図」

d0175401_2215454.jpg


inの好きそうなお寺のあとは

私の好きそうなお寺へ。

商店街の中にある小さなお寺。

矢田寺。

d0175401_22222540.jpg


お盆の迎えの鐘は六道珍皇寺で

送りの鐘はここでつくらしい。

なぜこのお寺に来たかったというと

これ

d0175401_22241135.jpg


かわいいでしょ?

d0175401_22242618.jpg


ぬいぐるみのお地蔵さん。

中には御札がはいっているそうよ。

1個800円。

1個買ってみた。

持ち帰ってもいいのであーる。

d0175401_22251884.jpg


ここには地獄絵図があったり

興味津々なんだけど…

inは興味ないらしい。

d0175401_22262050.jpg


思ったのよねー。

私たちの背後にはまったく違うものがいると。

inは国宝級のもの。

私は…

d0175401_22275144.jpg


800円。




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-21 22:31 | 2015秋の京都旅 | Trackback(1) | Comments(0)


かつては現世と冥土の境であった

六道之辻界隈の散策はまだまだ続く。

その一つ「六道珍皇寺」へ。

d0175401_16213861.jpg


親切なおばちゃんに

inは答えた。

d0175401_162324.jpg


それからまもなく到着した

六道珍皇寺。

d0175401_16242789.jpg


ここにまつわるある伝説。

時は平安時代

オノノタカムラなる人物がいた。

昼は朝廷の役人。

夜は冥土の閻魔庁の役人をしていた。

d0175401_1630981.jpg


このお寺にある井戸から冥土に通ったのである。

d0175401_16311737.jpg


シュールですわねー。

私も没後はこんな伝説がほしいである。


さて、次に向かったのは

d0175401_16341452.jpg


鳥居にもあるように

縁切り寺である。

この寺の目玉は境内にある

ウルトラ怪獣のウーみたいなこれ

「縁切り縁結び碑」

穴の開いた絵馬型の石に

おびただしい数の御札が貼られている。

d0175401_16361224.jpg


御札に縁切り縁結びの内容を書いていると

姉弟らしき2人の会話が聞こえてきた。

d0175401_16404613.jpg


きつい姉である。

が、言っていることは正しい。

d0175401_16432764.jpg


確かに

ここの絵馬に書かれている文言は

ひどいものが目に付く。

私が神様なら聞いてやらない!

ブラック絵馬である。

d0175401_16464449.jpg


私が縁を切りたいのは

老化!

それを書いた御札を握って

縁切りのほうからウーの穴をくぐる。

d0175401_16484566.jpg


縁を結びたいのは

武芸が上達すること!

出てきたほうから穴をくぐり

好きなところに御札を貼っておしまい。

d0175401_16502067.jpg


安井金比羅宮を出ると

ここに似つかわしくない光景が。

縁切りをお願いにくるときには

すでに新しい相手が一緒だったりするわけ。

d0175401_16541517.jpg


でも、祈願の帰りにここに寄るような二人なら

またすぐにブラック絵馬に書かれたりするのでしょうなあ。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-19 16:59 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(0)

六波羅蜜寺ーろくはらみつじー

響きが好きで1度訪れてみたかった。

なんと!

名前の由来は「髑髏原ードクロハラー」から

きているみたいっすよ。

どーりでひかれるわけだわね。

d0175401_22425457.jpg


ここの宝物殿にある

これが見たかった。

清盛の時代。

六波羅一帯は平家の邸宅が広がっていたそうよ。

d0175401_22454179.jpg


もう一つ。

よく教科書で見かけたこれ。

念仏が口から形になって出ている像。

d0175401_22482262.jpg


六波羅蜜寺の隣には

西福寺。

小さなお寺である。

お賽銭箱の横には

「ここは六波羅蜜寺ではありません」の張り紙。

気の毒である。

小さいけれどこのお寺には

CSI的な不気味な絵があるのだが

お盆の時期にしか公開していない。

d0175401_22524368.jpg


この界隈は六道之辻といって

かつては葬送地であった鳥辺山の入り口。

冥途の臭いがする場所なのである。

d0175401_22553897.jpg


と、大発見!!

d0175401_2256562.jpg


このお店は!

d0175401_22562770.jpg


有名な

これ!

d0175401_22564728.jpg


とある女性が身ごもったまま亡くなり埋葬され

その後、土の中で赤子が産まれ

その赤子を育てるために

家族が入れた三途の川の路銀で

夜な夜な幽霊になってこのお店に飴を買いに来た。

d0175401_233166.jpg


路銀を使い果たし

死装束で入れられた羽織で飴を買う幽霊。

お店に置かれたその羽織を家族が見て

赤子の存在を知る。

d0175401_2362952.jpg


ハオチンは別子銅山の飴をたいそう気に入っていた。

飴好きで幽霊好きのハオチンの

みやげとしよう。

d0175401_2382237.jpg


ついでにアルミどんにも

みやげとして買って行きましょう。

包装紙に「幽霊」なんてはいってるおみやげって

なんて 素敵でしょう。

きっと喜ぶにちがいない。

わくわく。

d0175401_23115120.jpg


今度からペンネームを

六波羅蜜子にしようかなー。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-17 23:19 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(0)


-2日目-

JR奈良線に乗って東福寺へ。

d0175401_1531454.jpg


東福寺までは駅から少し歩く。

観光客が多いので誘導員が角々にいる。

その誘導員の指示に従わない観光客たち。

そっか、言葉がわからないのか。

d0175401_1553932.jpg


私たちが行ったころは

紅葉はまだ8分ってとこかな。

でも、有名な通天橋からの眺めは

立体感のある木々が洛中洛外図の

雲のようであった。

d0175401_1584345.jpg


東福寺を見終えて

inの一言。

d0175401_1595943.jpg


そう、今回の旅でinが行きたかったのは

東大寺、東福寺、夜のライトアップであった。

最終日の今日は私の日。

d0175401_15123271.jpg


ということで

向かった先は

五条大橋。

d0175401_15135896.jpg


平安時代のころの五条大橋は

この場所ではなかったそうよ。

ここでぜひ見たかったもの。

交通量の多い中央分離帯にある

弁慶と牛若丸の像。

d0175401_15163695.jpg


ここで写真を撮りたいのである。

普通には撮らないよ。

d0175401_1518129.jpg


この場所

ホント、交通量が多いのよねー。

信号で停まった修学旅行の生徒なんか

ガン見よ。

d0175401_15193495.jpg


視線に耐え撮った写真がこれ。

d0175401_15201091.jpg


私が思う弁慶の泣き所は

むこうずねではないのであーる。

これを「新・弁慶の泣き所」としよう。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-16 15:23 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(4)


ライトアップツアーは

予定より30分ほど早く

9時半に京都駅に着き解散となった。

このあとはーー

d0175401_18355224.jpg


コンビニでビールを買って

ホテルの部屋で飲むなんてーー

d0175401_18373140.jpg


と、そのとき

私の視界に入ったものが

d0175401_18381075.jpg


嬢ちゃん型バリケード!

d0175401_18402427.jpg


初めて見た!

かわいい。

京都まで来て

こーゆーものに感動してしまうのよ。

ホント、やくにたたない旅行記だわい。

d0175401_18411324.jpg


あ、そうそう

安心してください

このあと、お店で一杯ひっかけましたから。

でも、最終オーダーが10時だったので

あわてて数杯を飲む私たち。

まったく、飲むのまで駆け足かい。

d0175401_18434622.jpg


明日は東福寺~。

東福寺~。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-15 18:49 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(0)


次なる紅葉スポットは永観堂。

ここの紅葉はすごい。

観光客も多い。

d0175401_1043635.jpg


境内の池は鏡面になって

紅葉を映し、深い深い池に見え

すてきじゃったわ。

d0175401_10451827.jpg


テレビの影響で「神社仏閣男」と化しているin。

d0175401_1046574.jpg


この「みかえり阿弥陀」が見たかったそうよ。

d0175401_10463414.jpg


この阿弥陀がなぜそっぽを向いているかというと

その昔

永観が阿弥陀様の周りを

念仏をとなえながら回る修行をしていると

阿弥陀様が台座から降りられ

永観の先を行ったそうじゃよ。

d0175401_10485919.jpg


永観は驚き、足を止めてしまった。

すると阿弥陀様が振り返り一言。

「永観おそし」

その姿なんだそうよ。

そっぽを向いていたのじゃあないのよ。

と、inのウンチクを

聞く気もないのに聞いているふりして

ふり返る私。

これはそっぽをむいているのであーる。

d0175401_10531834.jpg


永観堂の次は最後の紅葉スポット

高台寺。

また時間がなくならないように

紅葉は駆け足で見て

目的の場所へ。

d0175401_10563212.jpg


目的は方丈前の勅旨門と枯山水で

開催されているプロジェクションマッピング。

今春の二条城のそれは

期待はずれだったので

あまり期待はしていなかったけど

タイトルが「百鬼夜行」。

d0175401_10581870.jpg


勅旨門からあふれ出た妖怪が

枯山水まで広がる。

これ、私の頭の中といっしょ!

d0175401_1102043.jpg


5分ほどで終了。

入れ替え制ではないが

見終えると次の人たちが入ってくる。

でも…私は…

d0175401_1114898.jpg


これに魅了されてしまった。

もっと見たかったけど

3回で許してやった。

d0175401_1124322.jpg


夢中になって、途中で仕切り板を落としてしまった。

もう少しで枯山水の端っこを崩すところであった。

d0175401_1134387.jpg


注意されたけど

誰かが変わりに謝ってくれたようなー

d0175401_1144786.jpg


取り憑かれちゃったかしらねー。

水木先生!

妖怪を生み出した日本人って

すごいっすよ!



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2015-12-14 11:09 | 2015秋の京都旅 | Trackback | Comments(0)