カテゴリ:デイリーkimmy( 700 )

イヌ神家のネコ



おばちゃんのマンション近くに出没する野良猫を

横溝正史の「犬神家の一族」の登場人物にちなみ

こう名づけたそうだ。



d0175401_11084357.jpg



あの有名な

マスクを被ったスケキヨ。

マスクを被ったように真っ白なネコか?



d0175401_11102332.jpg




おばちゃんが描いたスケキヨは

これ。



d0175401_11105092.jpg




真っ白ではなく

よくある白黒ネコのようだが

おばちゃんによると

スケキヨがマスクを剥がし始めたときの顔に似ているそうだ。



d0175401_11120254.jpg




こ、怖いよ。




d0175401_11123580.jpg




おばちゃんはピアノは得意、でも絵は苦手。

そんな、おばちゃんがマンションの絵画サークルに誘われ

何度か逃げ切ったが

とうとう参加することになったそうだ。




d0175401_11145839.jpg




最初は静物画から始まったようだが

静物画はイヤなようでーー

なにが描きたいかと尋ねると



d0175401_11161361.jpg



静物画より難しいと思うのだが…。

おばちゃんは

中級を飛び越し、さらに上の上級の域へ。



d0175401_11172930.jpg



以前、私が1年間通っていた木版画教室で

見事な満開の桜を彫り上げてきた生徒さんがいた。

その色付けのときに

先生が言ったのは…



d0175401_11191602.jpg


それが頭にあったので

満開の桜に手を出した おばちゃんが無謀に思えた。

帰宅した おばちゃんから

すぐに桜の絵が写メで送られてきた。

送られてきた おばちゃんの絵を

私が模写して紹介しよう。


作品№1 「満開の桜」



d0175401_11240177.jpg



桜が意外にうまく描けている…。



作品№2 「タンポポ」



d0175401_11250727.jpg



ほわほわがローラアシュレイのようだ。

お気づきになっただろうか

両方の絵に「スケキヨ」が落款印のように描かれていることを。

おばちゃんの絵を模写していて

桜咲く「スケキヨ沼」に私は沈んでいくようであった。




d0175401_11283720.jpg




[PR]
by enigma85 | 2017-12-17 11:39 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(2)

見るだけのハイヒール



私の足は外反母趾とは無縁。

かっこ悪いが健康な足の形?



d0175401_19051199.jpg



中学生の頃まで土踏まずがない偏平足であった。

なので、水泳の授業のときに

プールサイドを歩くのがいやだった。

足型が雪男みたいだから。



d0175401_19070339.jpg



それで足の裏を着けないコソ泥歩きとなる。




d0175401_19075954.jpg




足型も奇妙なものになる。




d0175401_19082390.jpg




不思議と今は土踏まずがしっかりある。

雪男から人間になれたのだな。

友だち「おばちゃん」は私よりはるかに起用に足指を動かす。

足でじゃんけんはお手の物。



d0175401_19105218.jpg



ピアノがじょうずな「おばちゃん」は

足指でもピアノが弾ける…と、ずっと思っていたが

これは本人に聞いたところ「おばちゃん都市伝説」であった。



d0175401_19121131.jpg



私の野放しの足にはハイヒールは地獄。

結婚式に出席するときは

仕方なく履くが帰りには歩けなくなる。



d0175401_19133201.jpg



それでもハイヒールは見ていて楽しいし

デザインは美しいと思うのである。

銅版画をやっていたときには

よく描いた。

うちにあるハイヒールのひとつを

お見せしましょう。



d0175401_19154592.jpg



美しいフォルム。





d0175401_19161855.jpg




わが家のクリスマスツリー。

オーナメントもハイヒール。




d0175401_19165070.jpg



見るだけでじゅうぶん。








[PR]
by enigma85 | 2017-12-12 19:19 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(12)

低反発布団の伝道師



私は腰痛持ちである。

腰痛には固い布団が良いと聞き

何年も薄い羊毛敷きパットのみで寝ていた。

しかし、効果はなく

朝起きると背中、腰はバリバリですぐには起きられない。




d0175401_15474789.jpg

今から10年ほど前に

思い立って低反発の敷布団を買ってみた。

某有名メーカーのもの。





d0175401_15495691.jpg


これがとても腰によく

極楽極楽。



d0175401_15504970.jpg


やはり腰痛持ちのinと

ブラック・デザイナーにも購入。



d0175401_15514241.jpg



親戚でお金を出し合って

ジイとばあちゃんにも購入。



d0175401_15522265.jpg



それからポーポーとアルミどんにも。




d0175401_15524536.jpg



ハオチンのばあちゃんにも頼まれたので

ついでに来客用に1枚を足して



d0175401_15533591.jpg



もう、私は伝道師よ。




d0175401_15540515.jpg




数年前、販売元からこんな電話がかかってきた。




d0175401_15545702.jpg



自宅での撮影がいやな場合は

用意した場所で撮影するとのこと。

ああ、よくテレビで見るよ

こんな感じの購入者の体験談。



d0175401_15564556.jpg



これは勘弁してもらいたいと丁寧にお断り。

身内にだけ、よさを伝えていく

小さい伝道師でよいのである。




d0175401_15581464.jpg





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2017-12-11 15:59 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(8)

人工冬眠



タイムトラベルや人工冬眠が出てくるSF映画が好き。

人工冬眠が絡むストーリーは胸がしめつけられる。

地球に戻ると、自分の子供がロージンになっていたりとか…。

「インターステラー」は、せつなくなった。

最近WOWOWで

こんな映画を見た。

評判はよくなかったみたいだけど

私はお気に入り。



d0175401_18333957.jpg



他の惑星に移住するようになった未来。

その惑星まで120年かかる。

そこで乗客は120年の人工冬眠に入るのであるが

30年後、宇宙船の故障で一人だけ人工冬眠から目覚めてしまった。

まだあと90年もあるのに。

頑張って1年半は一人ぼっちで過ごした主人公。

その後

ポッド越しに一目ぼれしたオーロラと

そのプロフィール映像で寂しさを紛らわせていた。




d0175401_18391260.jpg


オーロラを覚醒させてしまったら

彼女も宇宙船の中で一生を終えなければならない。

寂しさに負けた主人公はオーロラを覚醒させたのであった。




d0175401_18405400.jpg


惑星到着まで残り88年。

このまま行けば

他の乗客5000人が目覚める30年も前に

二人は寿命をまっとうして、この世にいないことになる。

あーー、自分だったらどうしよう。

一人でいるか?

よりどりみどりの中から誰かを選ぶか?



d0175401_18453691.jpg



たとえば

思いついたところで

こんな感じの男スィとか。



d0175401_18460942.jpg



若すぎて申し訳ねー。

私のほうが先に逝ってしまうからね。

では

こんな離婚歴有りのチョイ悪おやじはどうだ。




d0175401_18472935.jpg



悩むので二人とも覚醒させよう。




d0175401_18475562.jpg



これはもめごとが起きそうだ。

あーー、私は誰を選んだらいいの?!





d0175401_18483858.jpg
ありえない設定に悩む私

いらぬ心配でございましたな。









[PR]
by enigma85 | 2017-12-08 18:54 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(8)

さよならアシコさん


ばあちゃんが生前、仲良くしていたアシコさん。

数年前にハワイ旅行のお土産のTシャツを渡した際に

大幅に間違えたサイズを買ってきてしまい返品されたことがある。

お店じゃあるまいし、返品されても困る。



d0175401_10401099.jpg

アシコさんのエピソードはここを見てね






とか









その思い出深いアシコさんが亡くなった。




d0175401_10431943.jpg



年齢を聞いてみた






d0175401_10433969.jpg




うそだね2012年のブログで80歳といっていたから

85歳でしょ。

そして思ったことがすぐ口から出てしまう私は…




d0175401_10450834.jpg


87歳のジイの前で言ってしまった。

これは×マスクだ。




d0175401_10455172.jpg



が、アルミどんも…





d0175401_10460962.jpg




もっと×をつけたかったのが

お通夜と忘年会が重なったジイ。

どっちを選んだかというと




d0175401_10473221.jpg


翌日の告別式には行ったですけどね。




[PR]
by enigma85 | 2017-12-06 10:48 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(9)

よい子が育つ



武術の練習が始まろうとしているとき

ラップの芯のようなもので遊ぶ小学生。





d0175401_16404288.jpg




パンパカパン先生は言うことを聞かない小学生の

ラップの芯みたいなものを取り上げた。



d0175401_16424609.jpg




それを手に持ち何やら考える

パンパカパン先生。



d0175401_16432784.jpg




先生はまだ20代。

人生100歳としたら

小学生に近い年頃。




d0175401_16443503.jpg




やはり小学生に近い。




d0175401_16450750.jpg



こんなこと言っているのを

モンスター親が聞いたらたいへん。

とりあえず



d0175401_16473527.jpg



その後も

その小学生たちは話ばかりして柔軟をやらない。




d0175401_16460439.jpg




小学生の言い分は



d0175401_16480586.jpg



あーあ、興味持っちゃったな。

この子たちも

こーやって妄想好きのよい子に育っていくのだなあ。




d0175401_16494788.jpg



よい子は

こーゆー大人になるのであーる。





[PR]
by enigma85 | 2017-12-03 16:52 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(6)

長靴をはいたジイ



先日の夜、海外ドラマを見ていたら 



d0175401_19243877.jpg



突然の停電。





d0175401_19245894.jpg



が、周りは停電していない。




d0175401_19252045.jpg




ブレーカーを上げて復帰。

それから日をあけて

2度ほどブレーカーが落ち停電。

わが家のアンペア数は大きい契約にしているので

ブレーカーが落ちることは、まずないのだけれど…。




d0175401_19282854.jpg


3度目の停電で

ついに

ブレーカーが上がらなくなってしまった。



d0175401_19290756.jpg



きっとどこかで漏電してる!

電力会社に電話をしても待たされるばかり。

そこで、いつも困ったときにすぐに来てくれる

ダーヨシ電機にお願いした。






d0175401_19301238.jpg




その結果

屋外にあるジイの野菜洗機から漏電していることがわかった。

これは最近、買い換えたばかりの新品なのに…。




d0175401_19330445.jpg




根菜類の泥を洗車機のように水をかけながら

ブラシで洗うすぐれもの。




d0175401_19345791.jpg



外で使っているので延長コードで電気をとっている。

延長コードの先はわが家。

玄関前をじゃまなコードが走り

玄関横の壁のコンセントより電気をとっているのである。




d0175401_19371292.jpg




この延長コードのジョイントが

ジイはこんな状態でつかっているのである。




d0175401_19381582.jpg




野菜洗いが終わっても常時そのまま。

力の弱い弱ロージンならわかるが

ジイは力が強い強ロージン。

きっちりはめ込めないわけがない!

雑なだけである。

ダーヨシさんによると

そこの部分が金属にあたったり

雨や洗いの際の水で漏電してしまっていたそうだ。




d0175401_19413537.jpg





ブログだとジイはいつも地下足袋をはいているが

水仕事のときは「長靴をはいたジイ」になる。

そのおかげで感電せずにすんだようだ。




d0175401_19424576.jpg




しかし

周りはたまったもんじゃないよ!





d0175401_19432524.jpg



普段、私は長靴をはいていないからね。








[PR]
by enigma85 | 2017-12-01 19:46 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(15)

ジイのアドバイス



11月1日はジイ87歳の誕生日。

それより少し早く10月の末に

数え年で米寿を親戚一同でお祝いした。

コロールは何を意図しているのか

ジイにハロウィーンのかぼちゃと

クリスマスツリーを被らせる。



d0175401_15310086.jpg




みんなからは炊飯器とお米をプレゼント。

ジイにお酌をするパイチくんは

みんなに言われるであろうことを

ジイにも言われていた。




d0175401_15324531.jpg



彼女がいないパイチくんにジイはアドバイスするのであった。




d0175401_15322798.jpg




「町コン」

町をあげての婚活イベント。

米寿のロージンからのアドバイスが続く。




d0175401_15343266.jpg





わが町も「町コン」が開催されているが

第一回目のときは人が集まらず





d0175401_15361901.jpg


一応、ジイは妻を亡くして独り者のフリー。

前後期高齢者にもなると

独り者も少なくなく

ジイが参加するからと

未亡人が…



d0175401_15375004.jpg



どんな町コンだよ!?

それでも、ジイはそれが自慢。

パイチくんに言うのであった。




d0175401_15384272.jpg




いやいやジイさんよ。

ジイは金払いがいいから

未亡人たちは寄ってくるのだよ。




d0175401_15393819.jpg




ジイの残りの人生は

今時の若者よりぐいぐい行くのであーる。





[PR]
by enigma85 | 2017-11-27 15:42 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(8)

月男の転職祝い



ブラック・デザイナーの友人「月男」。



d0175401_10462588.jpg



おだやかな性格で

ずいぶん年下のポーポーから

お金をせびられても渡してしまう人物。

というか、わが家の人間に対しては

特に腰が低い。






d0175401_10474383.jpg






月男はコンビニの雇われ店長だった。

そのときのことはここを見てね。




が、オーナーとのいざこざでやめてしまった。

そして最近、新たな仕事についたので

ブラック・デザイナーが転職祝いをしてあげることとなった。




d0175401_10530079.jpg




月男の仕事先の最寄の駅で待ち合わせ。




d0175401_10542748.jpg



行き先は焼肉屋「ボンボン」。

運転中だったので入力するナビではなく

オペレーターサービスへつなぐ。

プレデター号を買った際に

カーディーラーが1年間だけ無料でつけてくれた

オペレーターが応対してくれるナビ。





d0175401_10581945.jpg



わが家の苗字を言ってくるので

ちょっとVIP気分。




d0175401_10594482.jpg



男性オペレーターの方の声が…


月男にそっくり。





d0175401_11003307.jpg




ところがナビの月男が送信してくれているはずのデーターが

なかなか画面に表示されない。




d0175401_11014579.jpg




もともと焼肉屋までの道は知っていたが

月男の職場からの近道があるかと思い

ナビを利用した。

が、結局、自力で




d0175401_11041557.jpg



ナビの月男からはデータ来ず。

それから数時間後

二人を迎えに行こうと車に乗ると




d0175401_11054561.jpg



自宅からなら知っているから必要ないし

今頃かい?!

月男をアパートに降ろしたあと

ブラック・デザイナーが言った。




d0175401_11071870.jpg



焼肉屋「ボンボン」は安いのをいいことに

月男とブラック・デザイナーは飯を頼むことなく

最初から最後まで和牛を食らった。

しかも、月男は酒を飲まないので

その分安くあがると思ったら

最近は飲むようになったということで

ビール、カクテルを合わせて5杯も飲んだそうだ。

アルコールが入ると高くなる。

まあ、いい転職祝いだったんじゃないの。


翌日、買い物に行こうと車に乗り込むと




d0175401_11115468.jpg



またもや焼肉「ボンボン」の保留になっている情報が。

いつまでも月男がつきまとっているようであった。







[PR]
by enigma85 | 2017-11-23 11:17 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(10)

鼻に咲くもの



ジイが数年前に

お墓へと続く裏山の道を封鎖してまで並べた 

しいたけの原木に

また、しいたけが生えてきた。



d0175401_14590171.jpg


おそろしい量。

ジイは野菜の畑もそうだが

のびのびと種をまかない。

なんでも密集させる。

その結果、木と木の間で苦しそうにデカくなったしいたけ。




d0175401_15004616.jpg




食べきれないので

とりあえずベランダで干ししいたけに。

新聞紙に並べてこの大きさ。





d0175401_15013758.jpg




しいたけで思い出すのは

今は亡き両親のこと。

おとんは、よく鏡で鼻の穴をのぞいていた。

何かがあるらしい。




d0175401_15031979.jpg



すると、おかんがこう言った。





d0175401_15033912.jpg




鼻茸とは鼻ポリープのことらしい。

鼻の粘膜にキノコ状のポリープができるのだが

子供の頃は

おとんがキノコの胞子でも吸ってしまい

鼻のなかでキノコが生えたのだと思った。




d0175401_15062288.jpg



そして最近

カポエイラの練習のときに

先生が見た夢の話になった。




d0175401_15070948.jpg



おいおい、鼻からブロッコリーって





d0175401_15073995.jpg




それを感じ取ったか先生が






d0175401_15080079.jpg




実際もなにも

それ、夢でしょう!




d0175401_15082553.jpg



しかし、人は鼻から何かを咲かせるのが好きなようである。





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村

[PR]
by enigma85 | 2017-11-20 15:10 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(8)