宇治駅に戻る商店街で

修学旅行生向けか外国人観光客向けか

こんな顔出しパネルを発見。

顔をつっこんでみた。

ぴったり。

d0175401_22473253.jpg

若いおなごでしたらかわいいのでしょうが

私は…

演歌歌手のようであーる。

もうひとつの顔出しパネルにも顔をつっこんだ。

d0175401_22521453.jpg

斜めから撮った写真らしく

薄っぺらい武将。

この写真を撮っていたinがこう言った。

d0175401_22534355.jpg
神社仏閣&城男のinが

いつの間に鉄男に!?

京都駅からバスで向かう。

途中で見た京都市の吊り広告。

d0175401_22565692.jpg

「平成KIZOKU」のこの三人

麻呂姿で

キレッキレのダンスで京都市の紹介をしているらしいっすよ。

名前がいいよね。

さて、目的地に到着。

d0175401_23001417.jpg

ここは旧梅小路鉄道博物館があった場所。

「京都鉄道博物館」として今年グランドオープンしたばかり。

新旧の新幹線などの実物が展示してあるのダス。

d0175401_23055542.jpg

電車の運転席でこんな写真を撮ってみた。

d0175401_23064081.jpg

すると館内アナウンスで

SLスチーム号が戻ってきて

転車台で回転させるとのお知らせ。

デッキに出てみると

お客さんを乗せた蒸気機関車が戻ってきた。

d0175401_23122933.jpg

扇形車庫の前の転車台で

蒸気機関車を方向転換させるのだけれど

それよりこの扇形車庫がすごいのである。

d0175401_23145946.jpg

日本で一番蒸気機関車が集結している場所なんですと。

20台。

d0175401_23163125.jpg

閉館時間が迫っているのと

帰りの新幹線の時間もあるので

京都駅に戻ろうとバス停で時間を見ていると。

d0175401_23174002.jpg

inが「へい、タクシー」をした。

男の人ってタクシーにすぐ乗るよねー!

ジイもすぐ「へい、タクシー」だ。

d0175401_23192026.jpg

inは恒例の京都駅伊勢丹の

「高級牛めし」を買い込み

d0175401_23213667.jpg

一泊二日の京都・奈良の旅は


おっしまい












にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村

[PR]
by enigma85 | 2016-12-24 23:25 | 2016京・奈良の旅 | Trackback | Comments(0)

京・奈良の旅5「浮舟」

平等院鳳凰堂のあと

inは言った

d0175401_15212129.jpg

えええー!

そーゆーの好きだっけ?

私は好きではない。

d0175401_15225140.jpg
平等院から宇治川を渡ってまもなくの場所。

inが行きたがっているのは

テレビの旅番組の影響なのだと思う。

案内人が「宇治に着たらココとココは行くべし」って

紹介したのでしょう。


d0175401_15252360.jpg
中は源氏物語を再現した人形が展示されていた。

同じ人形でも高松の「平家物語歴史館」のほうが好きかも。

不気味なロウ人形だったから。

d0175401_15283594.jpg
興味のない源氏物語だからこそ観て見ようと思った。

中にはいると…

d0175401_15294540.jpg

座席がローソクの階段!

本物じゃないけど長さをいろいろにしてる。

こーゆーの大好き!

d0175401_15312780.jpg
そして始まった「浮舟」

宇治橋から身を投げた浮舟の髪が

川の水に漂っているタイトル。

これも好き。

d0175401_15330035.jpg
15分ほどの映画だけれど

監督・篠田正浩

ナレーション・岩下志麻

浮舟・葉月里緒菜

人形・ホリヒロシ

と、すごいのである。

人形の表情は一種類。

こんな感じで。

d0175401_15380348.jpg
それなのに

この表情でちゃんと伝わってくるのである。

浮舟を慕う薫。

d0175401_15420977.jpg

匂宮に浮舟を取られ

恨みを募らせる薫。

d0175401_15431421.jpg

同じなのに違う。

私がツボにはまったシーンは

二股に苦悩した浮舟は宇治川に身を投げる。

が、助けられ尼僧となる。

生きているのを知って弟が訪ねる。

そこには数人の尼僧。

d0175401_15505707.jpg

ぶっ、これはわからんなと思ったら

浮舟の心の声は言ったのです

「私は答えませんでした」と。

この映画、とってもおもしろかったー!

d0175401_15532688.jpg


好き嫌いはありましょうけどねーー。




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2016-12-23 15:57 | 2016京・奈良の旅 | Trackback | Comments(4)


日が沈みかける頃

本能寺に到着。

d0175401_1441791.jpg


「本能寺の変」のときとは場所は違うのだけどね。

本能寺は何度も焼き討ちにあっており

「能」の字のヒヒは火を連想するとして

ヒが去るという意味で字形を変えているらしいすよ。

d0175401_1485278.jpg


そこから徒歩で先斗町(ポントちょう)へ。

ここは初めて。

きっと昔の先斗町はこんなじゃなかったでしょうね。

今風のお店があったもの。

こんなところで飲み食いしたいわー。

d0175401_141242.jpg


宿泊先のホテルにはここからは

電車かタクシーに乗って帰るようになる。

ジイじゃあるまいし「ヘイ!タクシー」はしたくないし

酔って電車はいやなので断念。

d0175401_14164412.jpg


ホテルは京都駅から徒歩圏内。

フロントで教えてもらった近くの

隠れ家的居酒屋に行ってみる。

d0175401_14161844.jpg


肉、生魚が食べられない私。

d0175401_1417924.jpg


というわけで

いつもの駅中の京風ダイニングへ。

d0175401_14175276.jpg


へべれけになっても歩いて帰れる。

がんがん飲む私。

しかし、inはあまり飲まないので聞いてみた。

d0175401_14184760.jpg


酔って電車に乗るのがいやなので

ホテルの近くにしたのに

結局、一駅だけど電車に乗ることとなった。

帰りに抹茶アイス食べたい!と思いながら。

d0175401_1421576.jpg


d0175401_14211195.jpg


東寺の駅から競歩で東寺の塀沿いを行く。

d0175401_142471.jpg


紅葉には1週間ほど早いライトアップ。

d0175401_14244595.jpg


紅葉のライトアップより

ライトアップの五重塔の闇が好き。

d0175401_14251989.jpg


京都駅に戻ると

案の定

抹茶アイスのお店は閉店していた。

d0175401_1426095.jpg


京都まで来てコンビニのバニラアイス。

d0175401_14262851.jpg


京都の夜もいつもと同じように更けていく。




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2016-12-11 14:30 | 2016京・奈良の旅 | Trackback | Comments(2)


奈良の観光は長谷寺でおしまい。

電車に乗って京都へ。

電車の本数が少ないので

行きと同じく倍の料金を払って特急に乗車。

自販機でうまく指定席を買えず

ガラすきの車内にばらばらに座る。

d0175401_944547.jpg


移動に時間がかかるのと

観光地は4時半くらいで閉まってしまうので

京都駅からバスで15分くらいのここに向かった。

「河井寛次郎記念館」

d0175401_946551.jpg


大正から昭和にかけて活躍した陶芸家。

正直申しますと…

この方を知りません。

d0175401_9492818.jpg


陶芸のほかに彫刻や家具のデザインもしていたそうで

彫刻の奇抜さは好きですな。

静かな住宅街にある自宅兼仕事場。

応接間か居間のような場所は

2階から丸見えの吹き抜け。

こーゆー、無駄な空間が好きなのよねー。

d0175401_9544711.jpg


河井氏がデザインされた

背筋がピンとしてしまうくらい

おしりがかっぽりとはまる

座る人を選ぶシンデレラの靴のような椅子。

d0175401_102725.jpg


京都の家の特徴である奥に長い造り。

中庭を抜けてー

d0175401_1042187.jpg


私のお目当ては

焼き物の街、常滑でも見た「登り窯」。

常滑のものはレンガで囲われていたので

私が連想するエイリアンクイーンの卵嚢みたいではなかった。

d0175401_1063795.jpg


登り窯からコレを連想するのは失礼ダスね。

でも、ここにはソレを連想させる登り窯があるのじゃ。

しかも住居の奥に…

d0175401_1082930.jpg


ほらあ~

これこれ~

d0175401_1084136.jpg


この窯が使われていたときには

窯に火入れされると何日も燃え続け

夜中でも赤い炎とゴーゴーという音が聞こえたそうである。

私が幼少の頃

近所に鋳物工場があり

暗い夜空に赤い炎とゴーゴーという音が響いていた。

エイリアンクイーンも興味をひくけど

私の大昔の記憶を呼び覚ます代物なのかもしれんね。

d0175401_10151916.jpg


焼き物全盛期の常滑では

その煙ですずめが黒かったとか。

ここ京都の住宅地での窯って

大丈夫だったんスかね?

d0175401_10175159.jpg


自宅に登り窯がある家に住んでみたいなー。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2016-12-06 10:21 | 2016京・奈良の旅 | Trackback | Comments(2)


ご存知、神社仏閣男のinが言った。

d0175401_19322731.jpg


神社仏閣はもうごちそうさん!の私。

皆様が心を清められる場所は

私にはひび割れになってしまうのよ。

廃墟、珍スポットのほうがお肌が潤うのよねー。

というわけで

11月初旬の紅葉直前の京都、奈良に行ってきたダス。

-1日目-

まずは奈良へ。

長谷寺駅に到着。

d0175401_19352515.jpg


駅前ではタクシーが待ち構えていたけれど

てくてくと歩いて長谷寺へ。

d0175401_194008.jpg


改修中の仁王門の前でパチリ。

ベニヤ板のトンネルで写真を撮ることないか

と、思っていたら

inがipadを落とした。

d0175401_19423925.jpg


ポーポーからプレゼントされたipadが

ひび割れた。

d0175401_19431667.jpg


そこから、ひび割れたipadが気になって仕方がない私。

d0175401_19443566.jpg


本堂までの長い回廊で

ずっと

d0175401_1945647.jpg


山の中腹の本堂に到着。

その前ではテレビの撮影をしていた。

d0175401_19475469.jpg


デジカメで写真を撮っていると

おっちゃんが近寄ってきて

d0175401_19483846.jpg


こんなしょぼいデジカメのクルーがいるか?

それとも私ができる女に見えたか?

d0175401_19492945.jpg


おっちゃんの基準がわからない…。


本堂の中には十一面観世音菩薩。

日本最大級12メートルあるそうよ。

d0175401_19522220.jpg


inのウンチクが始まりそうなので

すばやく〆た。

d0175401_1959222.jpg


観音様の御足をなでなですると

「ご縁」が結べるそうですだよ。

d0175401_19543673.jpg


どんな「ご縁」を結ぼうとお願いしたかは

ないしょ。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by enigma85 | 2016-12-02 20:00 | 2016京・奈良の旅 | Trackback | Comments(4)