マスク・オブ・ガングリオン

-この夏の想い出-

「ガングリオン」ってご存知だろうか。

手足の関節にできる腫瘤で

中にはゼリー状の物質がつまっている。

手だとこんな場所にできる。
d0175401_15392458.jpg

私の場合

手の平の指の付け根にできる。

コップを持ったり

布巾を絞った時に異変を感じるのである。
d0175401_15415015.jpg

それを感じたのは7月の終わり頃。

この夏は忙しすぎて病院に行けず

その間にガングリオンは育ち

触診で小豆大くらいになっていた。

もっとおっきくなる人もいるみたいだけどね。

でも、あたると痛いし

手のひらを伸ばすとつっぱるのである。
d0175401_15432279.jpg

これが人生3度目のガングリオンである。

1回目はずいぶん昔、右手の指の付け根。

おじいちゃん医師が

診察用の机の上で切除してくれた。
d0175401_1121541.jpg

それからずいぶん経った2回目。

左手の指の付け根。

総合病院を紹介され

本格的に手術室で切除。

イケメン麻酔医が脇の下を覗き込むようにして

麻酔をかける。

まさかの脇の下。

油断していた脇の下。

無処理の脇の下…。
d0175401_15524546.jpg

今回の切除は「部長」のところに決めていた。

なぜ部長かというと

待合室には雑誌「プレジデント」や経済誌ばかりで

部長はいざというギリギリまで白衣を着ない。

見た目も部長みたいなのである。
d0175401_15562365.jpg

以前、ポーポーが部活で

バトミントンのラケットが眉毛にあたり切ってしまい

部長のところで縫うことになった時も

こんなであった。
d0175401_11224411.jpg

しかし部長は切ったり縫合が上手で

評判がよかった。

ワークショップの帰りに

部長の所に行く予定だったその日。

帰りの電車でガングリオンの確認をすると…
d0175401_1613184.jpg

突然、消えてなくなっていた。

つぶれてしまう場合もあるらしいっすよ。

ホッとしたけれど

2回目の切除の時のZ型の傷痕をみると

またガングリオンは現れるような気がした。
d0175401_1641562.jpg

それから2ヶ月。

やっぱりZのあたりに

マスク・オブ・ガングリオンの気配がし始めているのであーる。
[PR]
トラックバックURL : http://kimmy85.exblog.jp/tb/21157158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by enigma85 | 2014-09-28 16:08 | デイリーkimmy | Trackback | Comments(0)